本文へスキップ

労働資格[技能講習&特別教育]の安衛協/福岡労働局長登録教習機関

TEL. 092-408-7605

労働資格教習センター[二日市教習室]

玉掛け業務安全衛生(再)教育Slinging skill Retraining

玉掛け業務安全衛生(再)教育について

玉掛け業務安全衛生(再)教育

玉掛け業務安全衛生(再)教育資格

 玉掛け作業とは、クレーン等(クレーン、移動式クレーン、デリック、揚貨装置)を使って荷を移動させるときに、そのクレーン等のフックに、荷を吊るためのワイヤロープや吊りチェーン等の吊り具を掛けたり外したりする作業のことをいいます。
 この一見単純で簡単そうなワイヤロープ等の「掛け外し」作業が、実は死亡災害を伴うこともある非常に危険な作業であることから、必ず「資格」を持った者が行わなければならないと定められています。
 この玉掛け作業の資格で、その玉掛け作業の相手となるクレーン等の吊り能力(吊り上げ荷重)に制限を伴わない資格として玉掛け技能講習(安衛法第61条、安衛則第41条)があります。

 この玉掛け技能講習は資格が失われることはありませんが、安全衛生教育指針公示第4号及び基発第702号により、玉掛け技能講習所有者は、当該業務に関する技術革新の進展等に応じて、一定期間ごとの定期教育を受けなければならないとされており、その一定期間とは概ね5年と示されています。
 そのため、当協会(安衛協)では、玉掛け技能講習の修了者を対象とした玉掛け業務安全衛生(再)教育を実施しています。玉掛技能講習を受講したところで受講する必要はありません。玉掛技能講習の修了者であれば、どなたでも受講が可能です。修了後、5年以上経過しているにも関わらず玉掛け業務安全衛生(再)教育を受講されていない方は是非ご検討下さい。

玉掛け業務安全衛生(再)教育でのよくあるご質問

玉掛け業務安全衛生(再)教育

Q.玉掛けの資格は所持していますが「玉掛け安全衛生(再)教育」は資格が必要ですか?

A.法令上では通達という分類に定められた内容で資格なしでお仕事または個人で使用された場合も法的な罰則等はありません。但し、通達は努力義務などと言われたりしますが、資格取得後概ね5年も経過しますと、安全な作業の方法や器具などの変更により、変更を知らない為に危険な作業で怪我や事故を起こす場合がある為、概ね5年毎に安全な作業方法を再度学んで資格を取得をして頂ければと思います。

Q.「玉掛け安全衛生(再)教育」は受講の際に持っていくもの等ありますか?

A.学科講習の際はテキストに沿った講習を受けて頂きますので、テキスト等にチェックを入れたりできるようマーカー等をご準備頂くと良いかと思います。服装につきましては、ご自由な服装で問題ありませんが、初日に修了証に載せる写真を撮りますので写真に写っても問題ない恰好でお越し下さい。

講習科目および基準時間

講習科目および基準時間

内容 講習科目 講習時間
学科 最近の玉掛用具等の特徴 1h 5h
玉掛用具等の取扱いと保守管理 2.5h
災害事例及び関係法令 1.5h

※下記「科目免除」対象者は、1日間で修了可


通常講習→ 8,700円

安衛協ー玉掛け業務安全衛生(再)教育クラス一覧

コース名 日数 受講料 修了できる教習名
単独・通常講習 1日間 8,700円 玉掛け業務安全衛生(再)教育


  ※ 詳しく(申込方法等)は、安衛協にお問い合せ下さい。
    TEL 092−408−7605  mail = sh@axtu.org


     電話 092-408-7605